牧師のコラム「ボクシ・ボイス」

毎週日曜日に教会でお配りしている「週報」に、横田牧師が載せているコラム「ボクシボイス」をご紹介します。

最新の3記事をご覧いただけます。

ボクシ・ボイス

2023年1月15日
エレミヤ書26章20-24節に預言者ウリヤとエレミヤのことが記されています。時代はいよいよ悪い方向へ向かっています。南ユダ王国は空前の灯です。しかし王も民も分かっていません。その中で主のみことばを取り次いだのがウリヤとエレミヤでした。二人は都と地に向かって主の御名によって預言しました。するとエホヤキム王はウリヤを殺そうとします。ウリヤはエジプトに逃げますが、王の手下に捕まり剣で打ち殺されました。当然エレミヤの命も狙われます。しかしシャファンの子アヒカムはエレミヤをかばい、命は守られました。預言者の一人は殺され、一人は生かされた。不条理、ウリヤは無念、惨め、浮かばれない、しかしそうだろうか? 使徒パウロのことばが響きました。 「私たちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死にます。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。」(ローマ14:8)。 悪い方へ向かう時代、ウリヤは真剣にみことばに聴き、確信もってみことばを取り次ぎ、勇敢にみことばで戦って死にました。エホヤキム王の周りには王におもねる預言者たちがいましたが、ウリヤは彼らとくみしませんでした。一方、エレミヤは生かされました。ウリヤの死を受けて、いよいよ召命と使命を覚えたことでしょう。よって今日エレミヤ書があります。 時に時代は悪くなります。その中でキリスト者はどう生きるのか? エレミヤの命がアヒカムによって守られたように、私たちの命も守られています。生きているのではなく、生かされています。私たち教会は主のものです。「生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです」との告白が湧き上がるほどに、主のあわれみと恵みと希望を知らされる私たちです。私は牧師として何に最も力を注ぐのか? 主のみ旨を真剣に求め、悪い時代に屈することも、おもねることなく、みことばを取り次ぎ、みことばに生きたウリヤとエレミヤが迫ってきました。
>> 続きを読む

2023年1月8日
昨年12月初め、江渕先生とデボーション・ハイキングに行ってきました。私は山が好きなのですが、登山はデボーション(神と自分との対話)に最適です。なんてったって被造物の恵みと厳かさを全身全霊に浴びて、山あり谷ありの山行が人生そのもですから。ヨーロッパの巡礼や四国遍路の旅がよく分かります。なので、教会で催せたらと予行をしました。コースは飯能駅を起点、終点とする、天覧山、多峯主山、吾妻峡の全8.7㎞。美しい里山と渓谷を巡る、スニーカーでも歩ける穏やかなコースです。先ずは全身に浴びて、見つめ、思い巡らし、多峯主山頂上で弁当を食べながら分かち合いました。 そして会話も楽しみながら山を下り、吾妻峡の岩に腰かけてみことばに聴きました。詩篇121篇(都上りの歌)です。「私は山に向かって目を上げる。私の助けは どこから来るのか。私の助けは主から来る。天地を造られたお方から。」(1,2)。山を巡った後なので「天地を造られたお方」が豊かに響いてきます。あの木漏れ日と動植物が織りなす言葉では表現できない美しさ、厳かさ、寛容で綿密、雄大で繊細、「私」を超越しています。何か望郷の念にもかられます。清流の岩の上にはお腹が黄色い小鳥(キセキレイ)が歌っています。私の助けは、「この天地を造られた主」から来るのです! また久しぶりに山を歩くとやはり20代の頃とは違います。「何でこんな所でよろけてしまうのだ…」 しかし、みことばの語りかけに感動します。「主は あなたの足をよろけさせず あなたを守る方は まどろむこともない。」(3)。なんと心強いことでしょう。主はなぜ私を守られるのか?「見よ イスラエルを守る方は まどろむこともなく 眠ることもない。」(4)。「イスラエル」だからです。神の子、主が贖いのご計画を置かれた契約の民、祭司なる王国だから! 私は使命と勇気に満たされました。詩篇の筆者は山々や荒野を旅しながら詩を詠みました。聖書は被造物のただ中で読んだら良い。デボーション・ハイキング、お勧めです。
>> 続きを読む

2023年1月1日
詩篇全150篇の導入として特別に作られたと言われる詩篇1篇は、「幸いなことよ。」(なんて幸せなのだろう!)と始まります。「悪しき道に立たず 嘲る者の座に着かない人。【主】のおしえを喜びとし 昼も夜も その教えを口ずさむ人。その人は 流れのほとりに植えられた木。時が来ると実を結び その葉は枯れず そのなすことはすべて栄える。」 そして最後には「最も幸いなこと」を見つけます。「まことに 正しい者の道は【主】が知っておられ 悪しき者の道は滅び去る。」(6) 最も幸いなことは、私の道が主に知られていること!私がすることでなく、主がなさっていること! 詩篇139篇でダビデも厳かに主を賛美しています。「【主】よ あなたは私を探り 知っておられます。あなたは 私の座るのも立つのも知っておられ 遠くから私の思いを読み取られます。あなたは私が歩くのも伏すのも見守り 私の道のすべてを知り抜いておられます。ことばが私の舌にのぼる前に なんと【主】よ あなたはそのすべてを知っておられます。あなたは前からうしろから私を取り囲み 御手を私の上に置かれました。そのような知識は私にとってあまりにも不思議 あまりにも高くて及びもつきません。」(1-6)。私は主に知られている!この特別な恵みが詩篇の根幹です。人生の旅路で紡がれる詩篇全150篇はここから始まり、ここに戻り、ここから立ち上がり、ここに至るのです。 「あなたがたがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命しました。」(ヨハネ15:16)。 あなたは神の子とされました。主がアブラハムに「あなたを祝福し、あなたを祝福とする」と告げられた約束があなたに継承されています。主は約束を反故になさいません。そのしるしが主イエスの十字架と復活です。新年を迎えました。先ず「私がすること」ではなく「主がなさっていること」に目を留めようではありませんか。幸いなことよ!と主を賛美しつつ、新たに詩篇1篇を歩み出して行こうではありませんか。
>> 続きを読む

牧師:横田義弥

過去の「ボクシボイス」もご覧いただけます。以下のリンクより別ウィンドウが開きます。